« 明けましておめでとうございます | メイン | 孤月 »

2011年1月19日 (水)

三社参り

寒い日が続いてついつい出不精になっていたのですが、やっと重い腰を上げて遅い三社参りに出かける事にしました。しめ縄もそのままになっていたのでお宮さんにお預けする目的もありました。小さなしめ縄だから庭で燃やして天に届けてもいいのですが、お宮さんでやってもらった方が神様も喜ぶだろうし、御利益もあるかもと言うちょっとよこしまな考えもありまして・・・・・。

さて、この近辺で三社参りとなると当然ながら太宰府天満宮は外せません。二番目はその近くにあると云う事で竈神社でしょうね。三番目と言うか地元の神社も外せません。と言う事で二人で出掛けます。

最初に行ったのは竈神社。ここは宝満山のふもとにあり登山口ともなっています。平日の昼前と言う事もあって参拝客はまばらですが、その中で目立つのが若い女性の参拝客です。この竈神社は「縁結び」の神様なんですね。古来より博多では若い娘は必ずここに参拝させ良縁に恵まれるよう祈ったそうで、その言い伝えが今に残っているようです。

Photo 

若い娘ならず若い男性も良縁に恵まれるのではないかと、かみさんと甥の事を話した次第です。

この日も寒い日で竈神社を後に道を少し下ったところから振り返ると宝満山は先日の雪がまだ山肌に残っていました。

Photo_2 

さて、ちょうどお昼になりお腹もすいてきたし寒いしと云う事で美味しいうどんを食べに行きました。竈から5~6分のところにある「あずみうどん」は我々のお気に入りです。面の太さやゆで加減、だし汁のお味がとても気に入っています。私はこれまた現在はまっている「昆布うどん」とお稲荷さんを注文しまして、とても美味しくいただきました。

2社目は天満宮ですが、平日なのに駐車場が何処も満車。入れません。困ったなあと二人で思案しましたがどうにもならず、別のお宮に行こうと云う事になったのですが、何処に行くか思いつきません。こんな時にカーナビは便利ですね。周辺の神社を検索するとありました。「山家寶満神社」と言うのが。山家だったら戻る途中なのでここにしようと決定しました。

山家は旧長崎街道の宿場のあったところで、飯塚から八木山峠を経て到着する宿場です。この次の宿場が原田宿、そして田代宿と続きます。

カーナビの案内に従って到着した寶満神社は人気も無く、ちょっとさびれた感じの神社です。入り口に教育委員会の文化財の説明板があり、なんでもこの神社には古くから伝わる神楽があり、境内には神楽を演ずる神楽殿があり、毎年神楽が奉納される云々と書かれていますが、それにしてはちょっとさびれ過ぎではないかと思ってしまいます。鳥居をくぐるとすぐに階段があってこの階段はJR筑豊線の跨線橋になっています。昔は踏切だったのでしょう。その奥に本来の神社にのぼる石段があって登ると正面に本殿、右側に神楽殿がありましたが、いずれもちょっと荒れた様子で人っ気も全くなく寂しい神社でした。

Photo_3 

最後は家の近くにある神社です。此処でおみくじを引きました。私は中吉、かみさんは大吉です。まあ、良い結果じゃないですかね。以上で遅くはなりましたが我が家の三社参りが無事に終わりましたが、最後にかみさんから「天満宮を外したのはまずかったんじゃないの」と言われ?と、すると「あそこは勉強の神様じゃないの。行かないとまた駄目じゃないの」と追い打ちを掛けられましたが、今更行くのも面倒だし、「神頼みで受かるほど簡単じゃないよ」と心の中で呟き、無視して帰りました。さて、中吉は当たるのか否か。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394920/25783914

三社参りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿